マッチすれば、クリック率は上がってくる。

キーワードイメージ画像

突然ですが、自身のサイトに表示されている広告をチェックしたことがありますか?

サイトの内容とアドセンス広告がマッチしていないと、広告のクリック率が低いままの可能性が大です。

例えば、接客方法の解説サイトで「商品販売」というキーワードが複数含まれていると、アフィリエイト広告が表示される場合もあります。
なぜなら「商品販売」という言葉1つでは、複数のとらえ方があるからです。

日本語は難しいとつくづく実感させられますね。

もちろんですが、接客方法の解説サイトにアフィリエイト広告が表示されていても、クリックされる確率は少ないでしょう。

つまり、クリック率を上げるためには、サイトの内容とアドセンス広告がマッチしていることも重要なのです。

アドセンス広告をマッチさせる方法

キーワード指定イメージ画像

アドセンス広告は、グーグルがタイトルや本文のキーワードを読み取って表示しています。

つまり、各ページのキーワードを分かりやすくしておくことが大切。

重要なキーワードを、ひたすら<strong>で強調するのもありですが、これでは閲覧するユーザーにとっては読みにくい文章となってしまいます。
クリック数を上げる以前に、閲覧数が減ってしまっては本末転倒です。
訪問者にとっても、グーグルにとってもわかりやすいサイトを作成したいですね。

  • キーワードを意識して文章を書く
  • 読み取ってほしいキーワードは、ページ内にいくつか登場させる
  • ページの主旨が複数ある場合は、1ページ1内容になるようページ分けする

こうすると、サイトの内容が分かりやすく、各ページにマッチしたアドセンス広告が表示されやすくなります。

重要なキーワードを指定する方法

キーワード指定イメージ画像

グーグル アドセンスには、「フィルタリング」といって、 なるべくサイトの内容に合った広告を表示させるよう促す機能があります。

グーグルに読み取ってほしいキーワードをタグで指定しておくことで、ページの内容とアドセンス広告がマッチしやすくなるというものです。

このようにキーワードをタグで指定することによって、読み取ってほしいキーワードを優先的に、無視してほしいキーワードは後回しにグーグルが読み取ってくれます。



このページの先頭へ