どこに掲載すると効果的? 広告の位置

掲載位置イメージ

アドセンス広告の掲載位置は、最もクリック率に影響してくるものです。
ですから、どのサイトも工夫を凝らして広告を溶け込ませていますよね。
まず、掲載位置を考えるにあたって重要なのは、記事を読むにあたって邪魔にならない位置にあること。
そして、あからさまに「これは広告だ」と思わせないことです。

広告だらけのサイトは、もちろん訪問者にとって不快ですし、クリック率以前に訪問者の閲覧自体が減ってしまいます。
アドセンス広告の掲載位置は、訪問者の気持ちになって考えることを大切にしましょう。

なかなかクリック率が上がらない!

まず先に、私がアドセンスで試した結果などを基にクリック率が上がらない位置をあげていきますね。

  • 記事の文中

    訪問者にとって一番不愉快に思う位置です。
    リンクと間違えてクリックしてしまうためクリック数は増加しますが、不快に思いページを閉じられてしまうでしょう。

  • タイトル付近・ヘッダー

    目立つ位置ではありますが、クリック数の伸びは悪いです。
    どのページでも表示されるこの位置は「広告」と認識されやすく、ページの閲覧を重ねるごとに無視されてしまいます。

  • サイドバー全体に広告

    物販のアフィリエイトサイトにありがちな位置ですが、商品販売以外でのサイトにはあまり向いていませんね。

  • フッター

    ここは、目立たないがために期待できません。
    広告を表示するためにスクロールが必要となってしまうので、クリック率は上がらないでしょう。

実際に効果のあった例

興味を持って閲覧している訪問者には、サイトを読み進むにあたって自然な流れというものがあります。

掲載位置例

記事を読む
 →文末にリンクがある→クリックする
 →文末にリンクがない→サイドバーを見る
           →ナビを見る

           

この位置にアドセンス広告が掲載してあれば訪問者にとって邪魔にならず、なおかつ広告のクリックも期待できます。

また、読みやすいサイトにするためには、Aをリンク広告にすると良いですね。

解説イメージ

A、ナビ周辺 B、サイドバー最上位

欲しい情報を探す時に「欲しい情報がないなあ」という時にクリックとなります。
メニューバーの上に掲載することで、自然とサイドバーへ溶け込む位置です。

C、コンテンツ直下

記事を読み欲しい情報を得たので「さて他のサイトへ行くか!」という時にクリックとなります。
もし、そういった場合でない時でも邪魔にならない良い位置です。

このページの先頭へ